M.S Modelsは世界中から、AFV関係の模型、ディティールアップパーツ、書籍等の輸入、卸販売を行う会社です。


紹介しております商品は、お取扱店舗様及びオンラインショップでご注文ご購入できます。 
なお、在庫の確認は各店舗様にお問い合わせ下さい。  
メーカーの価格改定、輸入品のため、為替の変動等につき予告なく価格を変更する場合が
ございます。 あらかじめご了承ください。

[お知らせ]
この度、消費税率及び地方消費税率について、2段階で引き上げることになりました。
これに伴い、当サイトでは2013年10月より価格表示を税抜の本体価格にする旨をお知らせいたします。

2014年2月新製品のご案内



新作登場!!!

ジャギュアの練習機型が登場!


入荷しました。




KH80105
1/48
SEPECAT ジャギュア T.2/T.4

キティホークモデルから
ジャギュアA,GR1に続いて
練習機型T.2/T.4の登場です。
1973年、ジャギュアを装備する
英仏両国の空軍は
練習機型を要求しました。
仏空軍は装備を簡素化した
純然たる練習機型ジャギュアE1を
採用しましたが、
英空軍は攻撃機型GR.1を
複座仕様とした機体を求め、
その結果生まれたのが
ジャギュアT.2です。
また改良型のT.4は
航法機材等を
GR.1の近代化改修型GR.3と
同仕様に改めたも機体です。
T.2/T.4は実用機転換訓練に
供されるのみならず、
レーザー測距装置
及びRWR未装備である以外は
GRと同様の武装が可能なため、
兵器完熟訓練に使用されているほか、
有事の際は実戦部隊の補完も担える
機体とされています。
キットは、エッチングを使用して
複座化されたコクピットを正確に再現。
各種武装も付属、練習機ながら
迫力あるスタイルを再現できます。

本体価格:5800円
その他人気従来品も充実在庫!
詳細はコチラをご覧下さい!!!


新作登場!!

組み立て容易で、組み上がった後の強度も高いのが特徴のカイゼン!



ご注文締切は2月28日(金)にてお願いします
3月上旬入荷予定です。


KZ-PZ-400W
1/35
III/IV号戦車 ヴィンターケッテン
連結可動履帯

低価格ながら、
再現性と組み立て易さの
バランスが取れた可動履帯です。
1942年末から1943年始めの冬に
かけて東部戦線で使用された、
泥濘地/雪原用の履帯で、
通称「ヴィンターケッテン」と
呼ばれているものです。
なんと言っても第三次ハリコフ戦で
武装親衛隊の車両が履いている
記録写真が有名で、
東部戦線の冬のドイツ戦車には
欠かせない履帯です。
ヴィンターケッテンには、
凍結地対策として、
何枚かおきにグローサーが
取り付けられていますが、
本キットにはこのグローサーも
付属します。
各社のIII/IV号系列キットに
広く対応しています。

本体価格:3000円

KZ-PZ-400M2
1/35 III/IV号戦車 40cm中期型
連結可動履帯
(センターガイド穴無し)1942-45
(グローサー付き)

低価格ながら、
再現性と組み立て易さの
バランスが取れた可動履帯です。
III/IV号戦車中期型履帯の第二弾で、
前作(KZ-PZ-400M)が
センターガイドに
穴のあるタイプだったのに対し、
センターガイドの穴が無いタイプです。
こちらは、KZ-PZ-400Mよりも
やや後から登場し、滑り止めが付いた
後期型履帯(KZ-PZ-400L)と共に
終戦まで使用されました。
また、今回の製品には
凍結地対策のグローサーパーツも
付属します。
このグローサーは
なかなか手に入りにくいパーツで、
他社の連結可動履帯にも使用できる、
便利なボーナスパーツです。
タミヤの新作である
ナースホルンの履帯として、
KZ-PZ-400M共々お薦めです。
もちろん、ナースホルン以外の
各社のIII/IV号系列キットにも
広く対応しています。

本体価格:3000円
その他人気従来品も充実在庫!
詳細はコチラをご覧下さい!!!


新刊待望の入荷!!



入荷しました!

Als Panzermann
in Afrika und Italien 1942-45,
Panzerregiment 8 und schwere
Panzer-Abt. 508
第8装甲連隊と第508重戦車大隊
北アフリカ・イタリア 1942-1945

終戦間際の未発表写真を
大量に掲載してドイツマニアを
あっと言わせた「Endkampf」の
著者であるAxel Urbanke氏が
新たに送る、
第15装甲師団第8装甲連隊と
第508重戦車大隊の写真集です。
前者はロンメルアフリカ軍団の
一翼を担いチュニジアで
全滅するまで戦った歴戦の部隊、
後者はイタリアの
アンツィオ上陸作戦への反攻を
皮切りに1945年まで激闘に次ぐ
激闘を重ねました。
本書はその殆どが未発表写真であり、
180枚の白黒写真、
35枚のカラー写真が掲載されています。
25cm×28cm、200ページ、
ドイツ語/英語バイリンガル。

本体価格:9800円
人気従来刊も充実在庫!
詳細はコチラをご覧下さい!!!


新作登場!!!

米軍の全戦線で使い道の多いフィギュア他
数の少ないロシア兵のヘッドセットなど
グレードの高いフィギュアです。



ご注文締切は2月24日(月)にてお願いします
入荷しました。




AM35169
1/35
WW2 米 BAR 銃手

M43ジャケット着用のBAR銃手です。
M43ジャケットは
1942年秋に考案され、
M41ジャケットと比較して
着心地や実用性が
大きく向上していました。
実戦に投入されたのは
1943年のアンツィオ上陸作戦の
第三歩兵師団が
最初だったと言われており、
ノルマンディ上陸以降は
米兵の標準的な服装となりました。
BARは米軍の分隊支援火器です。
ドイツ軍の分隊機関銃である
MG42に比べ、
単純な火力比較では劣っていますが、
これは分隊火力の大半を機関銃が
担った独軍と、
全員に自動火器を持たせ、
兵士個々の火力底上げを重視した
米軍のドクトリンの違いによるもので、
単純に比較は出来ません。
BARはMG42より格段に軽量で、
小銃兵と行動を共に出来る点で
優っていました。
現在、7.62mm機銃として
最も広く普及している
M240機銃の機関部は
BARをほぼそのまま踏襲したものと
なっており、
開発者のブローニングが
天才であったことを証明しています。
北アフリカを除き、
米軍の全戦線で使用できる
使い道の多いフィギュアです。

本体価格:1740円


AM35170
1/35
WW2 米 歩兵(防寒ジャケット)

防寒タイプのジャケットを着込んだ
M1ガランドの小銃手です。
これはフランネルの内張を付けた
ウィンドブレーカータイプです。
M43ジャケットと同じく、
1942年秋に開発されました。
BAR銃手共々、
非常に精悍な表情で造形されており、
ベテランらしい格好いい米軍兵士として
造形されています。
1944年から1945年にかけての
冬の情景にぴったりです。
北アフリカでは
全くのノービスだった米軍ですが、
経験豊富なドイツ兵と対峙し、
血であがなって
精兵へと変化していきました。
逆にドイツ兵は
「米軍は連合軍におけるイタリア軍」と
侮り続け、決戦となったアルデンヌ戦で
手痛い敗北を喫します。
険しい表情で見つめる先に
何を配置するのか、モデラーの
腕の見せ所と言えるでしょう。

本体価格:1740円


AM35171
1/35
WWII 米BAR銃手&歩兵
2体セット

35169と35170を同梱した
お買い得なセット。

本体価格:3380円
H013
1/35
WW2 ソ連ヘッドセット #1

戦車兵2個、将校などを含む
計5個のヘッドセットです。
ロシア兵のヘッドは数が少ない中で
貴重なキットと言えるでしょう。
スラブ人らしさがよく表現されており、
お手持ちのインジェクションフィギュアを
手軽にグレードアップできます。

本体価格:1200円
H014
1/35
WW2 ソ連ヘッドセット #2

アルパインのフィギュアには
それぞれ2個ずつヘッドが
入っていますが、
これはH013とペアを組んでいた
もうひとつヘッドの詰め合わせです。
非常にグレードの高い
フィギュアヘッドで、
自然でリアルな表情をしたものばかり
です。

本体価格:1200円
その他、人気従来品はコチラ
ご覧下さい!


新製品登場!!!

Friul Modelより新製品の登場です。
【ATL-144】ドイツの履帯メーカー、ディール社製
【ATL-145】不整地を主に走る場合に取り付ける、全鋼製
【ATL-146】組立も手間いらずの、一体成型



ご注文締切は2月19日(水)にてお願いします。
入荷済みですので、即日対応可能です。

ATL-144
AMX30系列 ディール社234型履帯

ドイツの履帯メーカーである
ディール社は絶大な信頼を得て
各国に履帯を提供しており、
AMX-30もその例外ではありません。
フリウルでは既にATL-115で
AMX-30用フランス製履帯を
キット化していますが、
今回のものはディール社製で、
最近はこちらを履いている
AMX-30系列も目立つようです。
お好みに合わせてどうぞ。

本体価格:4800円
ATL-145
M26パーシング/M46パットン T80E1
全鋼製履帯

T80E1履帯には
ゴムパッド付きのものと
全鋼製のものがありますが、
これは全鋼製タイプです。
ヨーロッパ駐屯部隊のように
市街地に乗り入れる
可能性が高い場合はゴムパッド付きを、
不整地を主に走る場合は
全鋼製を取り付けているようです。

本体価格:4800円

ATL-146
ホイペット/リトルウィリー用履帯

2014年は第一大戦開戦100周年と
言うことで、いつもなら
商品化されないようなものが
登場するようで、
このキットもそんなアイテムの
一つかもしれません。
アキュリットのレジン製履帯はともかく、
エマーのホイペットの履帯は
あらゆる意味で悲惨な出来ですので、
まさに福音のような製品と
言えるでしょう。
一体成型で注型されていますので
組立も手間いらずです。
メタル製起動輪・誘導輪付き。

本体価格:4300円
人気従来品も充実在庫!
詳細はコチラをご覧下さい!!!


新作登場!!!

BISON DECALSよりの新シリーズSTAR DECALS
新製品の登場です。



ご注文締切は2月17日(月)にてお願いします。
入荷済みですので、即日対応可能です。


35-982
ノルトヴィント作戦#1.
アルデンヌのドイツ戦車

ノルトヴィント作戦は
失敗に終わったアルデンヌ攻勢の後、
新たにドイツが仕掛けた
文字通りの最後の攻撃作戦です。
これからシリーズ化されるようですが、
第一弾は夢破れた
パイパー戦闘団所属の
武装親衛隊501重戦車大隊の
ティーガーIIと
所属不明のパンターをセレクト。
332号車は戦闘団の最終到達点
ラ・グレースで擱座し、
米軍に回収され、
現在はアバディーンで展示されている
有名車両です。
このセットでは米軍回収部隊が書いた
「これはオレ達が回収するから、
横取りすんじゃねえぞ」という意味の
サインデカールも入った
非常にマニアックな内容です。
もちろん、
擱座前の状態にすることも可能です。
異説のある222号車は
赤バージョンと青バージョンをセット。
番号が通しで入っているので、
お望みの番号で製作できます。

本体価格:975円

35-983
WWII米
イタリア戦線のM4A1シャーマン

イタリア戦線に展開した
第191戦車大隊、第752戦車大隊、
第16工兵大隊のシャーマンを
セレクトしました。
前者2つはいずれも歩兵師団に
配属された戦車隊で、
191大隊は第45歩兵師団と共に、
752大隊は第88歩兵師団と共に
アンツィオ上陸作戦に参加しました。
歩兵大隊所属のシャーマン大隊は、
火力支援を主な任務としており、
ダイオラマで歩兵と絡めるのにも
向いています。
第16工兵大隊は
第一機甲師団所属の工兵大隊で、
北アフリカから転戦、
やはりアンツィオ上陸作戦に
参加しました。
いずれも模型映えする
魅力的な迷彩に包まれ、
工兵大隊所属車は
貴重なシャーマンドーザー用
デカールとなっています。
3車種入り。

本体価格:975円


35-984
コンゴ動乱#1 国連軍
(スウェーデン軍部隊)

1960年、
コンゴはベルギーから独立しましたが、
これを良しとしないベルギーは
カタンガ州の分離独立を画策、
カタンガ支援の名の下に
ベルギー軍を派遣。
この戦いではカタンガ独立勢力と
国連軍の間で戦いが発生しました。
この戦いに派遣された
スウェーデン部隊を扱った
デカール集です。
UNのマークは付いていますが、
戦闘部隊なので白色では無く迷彩、
フランス語などで国連を意味する
ONUのデカールも入っています。
グレイハウンド、
M3スカウトカー用として、
いずれも超マニアックなデカールと
言えるでしょう。
5車種入り。

本体価格:975円



35-985
南オセチア紛争2008
ロシア軍AFV デカールセット

北京オリンピックの開催中に
起きたため、
日本では
あまり報道されませんでしたが、
2008年8月、
グルジア北部の南オセチアが
独立を求めてグルジアと戦い、
ロシアは南オセチアを支持して
軍事介入するという戦いが起きました。
ロシア軍は南オセチア全土を
掌握した後も進撃を続け、
グルジアに侵入。
スターリンの生まれ故郷である
グルジアのゴリも戦場と化しました。
停戦合意後ロシアは
グルジアからの撤退を
受け入れましたが、
グルジアの一部に「中立地帯」を設け
ロシア軍を駐留させました。
このセットは
主にこのロシア軍駐留部隊の
デカールセットとなっています。
キリル文字で平和維持部隊を意味する
「MC」のマークが特徴です。
デカールにはT-62や
そのスラットアーマー付き、
近代改修型のT-62Mなども
チョイスされています。
なお、デカールには
T-62Aとありますが、
これはT-62 1972年型を
西側呼称で表記したものです。
9車種入り。

本体価格:975円

35-986
バルカン半島の平和維持部隊#2.
ロシア軍のBTR-80 デカールセット

こちらも珍しい、
平和維持活動で派遣された
ロシア軍のデカール集です。
ソ連時代はロシアングリーン一色の
イメージが強いBTR-80ですが、
現ロシアのBTRは地勢に合わせて
美しく迷彩されており、
モデラーの食指を動かすものです。
ウクライナ軍車両と並べても
面白いでしょう。
4種入り。

本体価格:975円


35-987
バルカン半島の平和維持部隊#1.
ウクライナ軍のBTR-70 デカールセット

異色のBTR-70デカール集です。
1990年代の初めから半ばまで、
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結の
ため派遣されたウクライナ軍
所属車両です。
白塗りのUNマーク、
精鋭空挺部隊所属の美しい
迷彩塗装バージョン、
いずれも模型映えする内容です。
5種入り。

本体価格:975円

35-988
WWII 米 第12機甲師団の M2/M2A1
ハーフトラック デカールセット

地味なマーキングが多い
ハーフトラックの中で、
一風変わった派手なマーキングを
集めました。
側面に飛行機のシルエットを
大書したものは
飛行機の識別訓練のために
描かれたもので、
両サイドそれぞれ違った飛行機が
描かれています。
残りの2つは大きな×マークが
描かれており「ラッキー13」と
パーソナルロゴが入ったものは
初期の青いレジストレーション番号が
書かれています。
3種入り。

本体価格:975円

35-991
WWII 米 M4/M4A3 105mm
シャーマン 北西ヨーロッパ
デカールセット

貴重な105mm砲搭載型の
シャーマンデカール集です。
何れもノルマンディ上陸以後の
米軍車両をセレクトしており、
1両は☆の中に黒豹を描いたもの、
もうひとつはサンドアーマーに
身を固めたもの。
いずれもダックビルを履いた姿です。
3種入り。


本体価格:975円
その他人気従来デカールも充実在庫!
詳細はコチラをご覧下さい!!!


製品のご購入は

弊社商品を
お取り寄せできます。
オンラインショップ ENGLISH
News for overseas
customers!
PassionModels
デカールスターなど・・・
画像の無断使用、転載はご遠慮下さい。 ページTopへ↑
Copyright (C) 2002 M.S Models.,Ltd. All Rights Reserved.